諏訪神社の近況

愛媛県南宇和郡愛南町に鎮座する諏訪神社の四季折々の行事など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

親子二人旅

既に9月中旬となっていますが、夏休みの間に長女と二人で京都に行ってきました。

去年、丁度修学旅行前にインフルエンザにかかりまともに行けなかった時に、今度連れて行ってあげるよと気安く慰めの言葉を掛けたのがアダとなりました。

しっかりと覚えていて、結局行くはめに・・・。
どうせ行くなら家族全員でと思ったのですが他の子供は部活で忙しく日程が合いませんでした。

二人旅だし、京都市内での車での移動は面倒そうなので、近くから出ている深夜バスで大阪まで行き、そこからはJRで京都へ。
普段は常に車旅なので新鮮です。

京都に着くと定期観光バスに乗車、長女が行けなかった金閣寺、銀閣寺、清水寺へ。

P1040792.jpg
金閣寺入り口です。

P1040793.jpg
平和の鐘だそうです。一突き200円なり。

P1040794.jpg
少し歩くといきなりこの景色が目に飛び込んできました。
やはり見ごたえあります。

P1040798.jpg
P1040802.jpg
当たり前ですが金ぴかです。

P1040799.jpg
屋根の上には金ぴかの鳳凰が。

P1040803.jpg
授与所を覗いたら、キティちゃんのお守りがありました。
日本を代表する名刹でキティちゃん御守は無いような気がします。
それともキティちゃんは海外でも有名みたいだからお土産狙いかな?

P1040815.jpg
次は銀閣寺へ
金閣寺とうって変わって、落ち着いた雰囲気があります。

P1040817.jpg
ちょっと気になったのが軒や壁面がちょっとまだらになっていることです。
最初雨漏りかなと思いつつみていましたが塗りが剥げたようでもあるし、不明です。

P1040809.jpg
こちらの鳳凰はしぶい色合いとなっています。

P1040818.jpg
緑と屋根の色のコントラストが見事でした。
P1040819.jpg

最後は清水寺へ
P1040836.jpg
P1040839.jpg
東大寺などもそうですが、柱の太さには驚かされます。
今の時代にこれだけ集めるのは大変ですが、当時は豊富にあったのでしょう。


翌日は、長女がどうしても行きたいといった北野天満宮へ
P1040842.jpg
P1040845.jpg
長い参道です。
P1040846.jpg
P1040847.jpg
P1040848.jpg
途中、鎮座している牛の頭を撫でます。頭が良くなりますように・・。

P1040850.jpg
手水舎の屋根も立派。
P1040851.jpg
ここにも牛が鎮座しています。

P1040852.jpg
P1040853.jpg
P1040854.jpg
P1040855.jpg
ちょうど境内に梅を干しているところでした。一面に梅の甘酸っぱい香りが漂っていました。

P1040857.jpg
P1040858.jpg
長女曰く、どうして天満様をお参りしたかったかというと、来年高校受験を控えているからだそうです。
どう考えても諏訪様の方がご利益があるのに・・・全く!。

御参りの後、授与所で学業御守りも受けていました。1000円也!。


北野天満宮の近くにあったので、ついでに石庭で有名な龍安寺へ
P1040868.jpg
写真などでよくみる景色ですが、実際に行ってみると思いの外、狭いのに驚きました。
流石に外国人が多かったです。


この後、河原町に移動し買い物を済ませて近くにある八坂神社へお参り。
P1040873.jpg
P1040876.jpg
P1040877.jpg

二日目最後は、三十三間堂に行ったのですが、撮影禁止だったので映像はありません。
しかしならが、仏像があれほど並んでいるのは圧巻です。
長女も美術の教科書に載っている実物が目の前にあるので食い入るように見ていました。

三日目は大阪に移動したこ焼きを食べて帰る予定でしたが、台風接近のため帰りの深夜バスが欠便となり急遽新幹線で帰着しました。

長女にとっていい思い出になったでしょうか?







| その他 | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suwajinja.blog74.fc2.com/tb.php/193-0bb32a40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT