諏訪神社の近況

愛媛県南宇和郡愛南町に鎮座する諏訪神社の四季折々の行事など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

当社のご祭神

 当社のご祭神は建御名方命(たけみなかたのみこと)です。
 配神に大国主命(おほくにぬしのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)を併せてお祀りしています。 大国主命の建御名方命のお父さん、事代主命は建御名方命のお兄さんにあたります。

 建御名方命は長野県にある諏訪大社のご祭神で有名です。天津神と国津神との間の国譲り神話の中でただ一人国譲りに反対して、天津神である建御雷神(たけみかづちのかみ)と力比べをしたが競い負けてしまい、諏訪の地で帰順を誓われたのでこの地に留まり、土地を開拓し、害獣・毒蛇を退治したり住民に農耕や養蚕の業を伝えたので土木開拓・耕作の神、五穀豊穣を司る神となりました。
 お父さんの大国主命は、またの名を大己貴命や大物主命などともいいます。島根県の出雲大社のご祭神として、また七福神の大黒様として知られています。大国主命は出雲神話の主役として因幡の白兎や須佐之男命との出会いなど数多くの伝説が残されており、その業績から家内安全・厄除開運・縁結びを司る神として有名です。
 お兄さんの事代主命の名前の由来は事を知る神、つまり正邪を判断する能力に優れていることに由来します。たくさんいる大国主命の子の中でも一番賢い神様です。七福神の恵美須様としても知られており、商売繁盛・豊漁祈願を司る神です。


| 由緒 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suwajinja.blog74.fc2.com/tb.php/12-22765268

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT